シリコンを用いた匂いや汚れの浸み込み防止

弊社では土物生地の商品や、磁器生地の商品でも必要な場合にはシリコンによるコート処理を行っています。これは食材の匂いや色が浸み込むのを防ぐための処理です。今回はシリコン処理剤を用いた食材の匂いや浸み込み(汚れ)防止の行程を紹介します。

今回用いる処理剤は岐阜県多治見市の新昭和コートさんのCP-M6です。
こちらを用いてシリコンコートをしていきます。

まず処理剤を移して陶器を沈めるための容器を準備します。

こちらにCP-M6を原液のまま移します

今回は新作の志野焼のパスタ皿をシリコンコートしていきます。志野も土が多孔質で釉薬自体に貫入(細かいひび割れのようなもの)があるためシリコンコートしなければ匂いや食材などが浸み込み易いです。シリコンに漬け込む前に器の汚れは拭き取っておきます。

綺麗になった状態の器をCP-M6に漬け込んでいきます。

完全に器が処理剤に浸かった状態で、3~5分ほど漬けておきます。

規定の時間がたったら器を取出し、しっかり水切りをします。

水切りをした器を屋外などの風通しの良い場所で干します。この際に表面を綺麗な布なので拭いてから干すと早く乾きますし、シリコンの溜りができにくくなります。これで乾燥すればほぼ完了です。ただし処理剤が完全に乾燥するまでメーカーは48時間を推奨時間としております。

最後にこのシリコン処理剤の注意点を記載します。正しくお使いください。

※永久に効果を保証するものではありません。

※冷蔵庫などの冷所で保存してください。開封後は直ちに使い切ってください。

※160℃以上に加熱する器や、直火でするもの、レンジやオーブン用陶器には用いることはできません。

※シリコン処理する器は乾燥状態で処理して下さい。濡れていると期待通りの効果が得られない場合があります。

※体内に入る恐れがある用途には絶対に使用しないで下さい。

※眼に入った場合はただちに流水で15分間洗浄し、刺激感が残る場合は医師に相談して下さい。

※万一飲んでしまった場合は、直ぐに大量の水を飲ませて吐かせ、医師の診断を受けて下さい。

※凍結させてしまうと乳化がこわれ変質する恐れがあります。

[陶芸用品] 水漏れ防止剤 CP-M6 1L価格:2,860円
(2020/8/14 18:42時点)
感想(1件)

Follow me!